看護師|昔は看護婦と言った看護師といえば、どうしても女性の割合がかなり大…

その昔は看護婦と言った看護師というのは働く者として歴史的…

  • 昔は看護婦ですが看護師は職業として歴史的にも女性比率が高い職場です。しかも、気力や体力へのひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。ピリピリした現場になりやすく、職場の環境での対人関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい職業ともいえます。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職希望者が多い現実があります。過酷な環境ということもあり、人手不足の状況に悩まされています。なので、医療業界は、看護師が足りない「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望者が後を絶たない原因になっているのでしょう。
  • 派遣会社に登録した上で仕事をする人がだんだんと多くなっていますが、…

  • 派遣会社に登録して働いている人が規制緩和以来、多くなっていますが、今後、あなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかをなるたけ面接のときに聞いておくべきです。派遣会社は、社員を必要な会社に派遣してその見返りにお金を会社に支払うシステムなのですが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が少なくありません。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしないところも少なくなく、酷い派遣会社では、3割しか労働者に還元しないということも多くあります。面接のときにあいまいにしか答えない会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、できる限り別の派遣業者のもとで登録されることを推奨します。
  • 看護師|今までの求人誌には、必要とする人材の「性別」まで明確に記載されていました。

  • 何年か前までの求人誌には、雇用主が求める人材の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。しかし最近では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、採用する際、男女の差別がしてはならないルールができて、応募条件の詳細に男女の性別を記載しないようになりました。そのような変化があったのですが、求人を出す側としては、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実に、実際は男性必要な会社に女性が応募してきたり、逆に女性希望なのに、男性が応募してきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。たとえば、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、雇用側が「女性」を必要としている、と考えるとトラブルを回避できます。
  • 転職エージェント、そして転職サイトを通じて、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

  • 転職エージェントと転職サイトを使って、転職活動を行う人は大勢います。転職先を確実に見つけたいのであれば、転職フェアの利用がおすすめです。転職フェアは、数多くの企業が一堂に会するイベントです。参加することで多くの企業の情報が得られ、さらに、常駐するスタッフ(説明員など)から、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。もしも、転職フェアに参加するのであれば、面接に行くつもりで自身を売り込む気持ちで行きましょう。フェアの中で、企業側(の担当者に)認められれば、その後の本格的な面接時にかなり有利になると期待できます。
  • 最初に転職をするのであれば、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を辞めなければいけないの・・

  • 人生初の転職を試みる際は、忘れてはならないのはどうして今の仕事を去らなければいけないのかを明確にしておく必要があります。その理由が根本問題なので、やっておくのが賢明でしょう。その後問題を解決できるであろう会社を決めていってください。卒業してからの転職活動は、大学等での就職活動とは違って、現在の仕事と並行して就職活動をしていく必要があるため、時間と体力を消耗します。だからこそ明確な理由がないままに転職しようとした場合、途中でうまくいかなくなるおそれがあります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状に変化を加えたいという強い気持ちがなければ、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくのが無難です。
  • 転職するため仕事探しをするときに気を付けるすべき募集内容は・・

  • 転職するため職探しをするときに注意して欲しい求人は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、拘束時間が長めのものです。こういった求人は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が多々見受けられるます。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間や45時間といった感じで求人の内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料に残業代を組み込む、といったシステムになります。(なお、これは違法ではありません)もしも『みなし残業代25時間込』と記載があれば、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という話になるわけです。ただし、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してないこともザラですのでしっかり注意をしておきましょう。