いい会社がいいと転職を希望する大半は、「ちょっとでも・・

看護師|新しい企業の社員になりたいと転職をする活動中の人というのは・・

違った企業に入りたいと転職をする活動をしている場合、「ちょっとでも早く、採用通知をものにしたい」と思っているものです。とはいえその気持ちが強くて吉報が得たいばかり、自分自身をより大きく見せたり、あるいはその反対に安売りしてしまう売り込みは出来るだけしないでください。焦る気持ちを抑え、冷静かつ客観的に自分に最適の職場を見つけることに専心しましょう。これまでの経歴が生きるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を見極めましょう。

転職にあたっては、もちろん仕事のやりがいアップも重要だ・・

転職をするなら、仕事におけるやりがいアップと一緒にさらに収入が増えることも重要なので「年収サイト」に登録をして前もって研究をしています。同一の会社で加えて同一の職種、社歴であるにも関わらず人によって大きな違いがある場合も数多くあって、正直に言うと面接の時質問をしたことがあります。面接をした人もそのサイトを見ていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人物も誰だかそこそこ予測はついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の収入だと覚悟しておいてください」とのことでした。

雇用期間中は、できたら、周りの人間に悟られないよう、…

就労期間にあるときは、出来るだけこっそりと、(自身のときは)前職中に転業の意図のみをはじめのうちに社内で知らせたことがありました。にもかかわらず、その後に転職サイトを探してみたものの、結局は転職先のあても、仕事を変えるタイミングも無鉄砲に決まらず知らぬ間に時間がムダになるだけでした。その一方で、社内では業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失職期間を経験し、次の就職先を再度探しました。

仕事を変えようとするときに、とにかく今勤務している会社を辞めた後で…

転職をしようとするときに、今勤務している会社を辞めた後でと考える方もいますが、そうするときにはボーナスの支給日を考えておきましょう。ボーナスがもらえる会社はほとんどですが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスが入る日がもう少しのときには、ボーナスを手に入れてから退職届を提出するというのも悪くないです。ボーナスは月々の給与と比べて多くもらえるはずなので、もらわないと損ということも言えますから、会社を辞める決意をしたならボーナスの支給日について確認するのを怠らないようにするのが賢いやり方です。

看護師|再就職によって仕事先を一新するということは、自分に見合…

転職して仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った理想に近い場所を選んだほうが良いです。勤務先を変えることによって、自分でも驚くほどの適職にありつくことができるかもしれません。とはいえ、マイナスの面も持ち合わせていて、それ相応の労力やスキルが必要不可欠です。別の言い方をすると、あなたの才能次第で、「天職」に出会えるチャンスも広がる、ということです。今の時代は「職業選択の自由」が権利として認知されているので、転職を決断しても面倒も生じないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつある今現在では「優秀な人材が欲しい」と思っている企業もだんだん多くなっているので、この好機を有効活用してみてください。

これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。

これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。特定の曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、休み方やシフトの出し方を前もって確認しておいたほうが良いです。私は過去に、産休で休む人の穴埋めとして、正社員として入ったのですが、私のシフトがそこが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任者が「土日」に必ず出勤することができたので、私もそう思われていたみたいです。なので「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変更してもらわなくてはならず、職場の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」とお願いをしに行かなければいけませんでした。立場は同じなのに、土日を私だけに任せるなんて…。思い出す度、本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。