看護師|今、結婚活動中の人や、これから婚活しようとするつもりだという女性…

看護師|現在、結婚活動している人や、今から婚活しようと思っている女性の…

  • 現在、婚活している女性や、今から婚活しようとするつもりだという人の結婚活動目的で行われるパーティーを含む、婚活をしていく上でのファッションでは、原色などのきつい色は着用しない方が良いです。その中でも黒、赤は避けましょう。この2色に関しては成功率をがくんと落とすので要注意です。それとは反対に、ピンク系、ラベンダー系、ベージュ系のような淡い色が男性からの好感度を得やすいと理解しておきましょう。お化粧の場合も同じで、アイラインやマスカラといったもので、きつめのアイメイクを好む人は、丸みを帯びたメイクを意識し、派手さを抑えたアイメイクにするのが好ましいです。そうすれば、反応が良くなり婚活の成功率が高まるでしょう。口紅も赤系、ベージュ系の使用は控え、淡いピンク系の艶つやな感じを意識し、カバンやアクセサリーのような装飾類は、ブランド物は控えたほうが得策です。婚活をしている男性の大半は、いわゆるブランド物を多用する女性や、派手な化粧は嫌うのが普通、と思っておくべきです。
  • 私自身が婚活をしよう!と真剣に考えたとき、婚活という言葉の意味だけは知っていたもの・・

  • 自分がいざ、結婚活動(婚活)をしよう、と真面目に考えたとき、婚活という言葉の意味を知ってはいるものの、いったい何をどうやっていくべきかは、理解していなかったのです。パートナーを見つけ、結婚に至るまでの活動全般をひっくるめて婚活と言います。パッと私の頭に浮かんだのは、結婚相談所でしたが、いきなり結婚相談所に登録するのは、すごくお金が必要になりますし、敷居が高い感じもあり、やる気がガクンと下がりそうになりました。しばらく、友達に尋ねたり、インターネット検索によって、婚活が目的のパーティー、マッチングサイトにたどり着くことができ、婚活をスタートすることができました。私と同じように、最初は何をしたら良いのかわからない人や相談相手がいないと、多いと思います。ですから、自治体や国が婚活を応援する制度を設けてくれると良いのに、と思ったりもします。
  • 看護師|段取りよく結婚活動を進めていくには、実に色々な方法…

  • 効率よく婚活を進めていくためには、実に色々な手段で様々な方と知り会うチャンスを徐々に増やしている人も多数いると思います。事実、私に関しても結婚相談所に登録しお見合いをほぼ毎週のように行いながら、婚活でやっているパーティーにおいても頻繁に出席していました。そのような頃、まさかの最低の出来事があったのです。以前、お見合いの際に断られた人に結婚活動でやっているパーティーで再会してしまったのです。断られた私の方も気まずく感じたのはその通りではありますが、なぜか断ってきた人の方がそれ以上に気まずい感じで動揺していました。「お見合いをした直後ぐらいが仕事が忙しい絶頂だったんだけど、やっと今落ち着いて、時間ができたからこんな場所に来た」と言い訳していたのですが。それを聞いて、気分が悪かったというより、なんだかちょっとだけ笑ってしまいました。避ける手法というのはないのですが、こんなことも起こる可能性も少なからずある、と思っておいたらそんなに動揺しなくて済むと考えます。
  • 婚活のパーティーなどで人間性を説明する際に、「やさしい」という言葉で表す・・

  • 婚活をする上で、自分自身の性格を言い表すのに、「優しい」と表すのは一般的なのかもしれません。けれども、それだけだとあまりにも自己主張にはなっていないので、婚活の場面では、周囲に埋もれてしまうケースもあります。ですので、相手の心に残る最高の回答ではないでしょう。婚活の場では、相手に少しでも自分を知ってもらう必要があります。婚活を実践する上では、どういった言葉で表すのがいいのでしょうか。例えばですが、「包容力がある」ではなく「異なる意見を否定しない」など、あいまいな表現を減らし具体的な表現にしてみましょう。そうすることで、同じ性格をアピールするのでも「この人は信用できそうだ」とおぼえてもらいやすくなり、ライバルよりも記憶に残りやすくなります。
  • 看護師|私が婚活でやっているパーティーで会った男の方で印象にある方は数人いるのですが…

  • 私が婚活パーティーで出会った男性で印象的な人は数名いらっしゃるのですが、服のセンスがかなりひどいなあという印象を受けたのはビーサンにショートパンツ姿の男性でした。なにしろその場所は都内のオフィス街に近い場所だった訳ですが、その男性はその街においても確実に浮いてしまうカジュアルすぎる格好で来ていたことに驚きました。うるさくビシッとスーツで決めて来た方が良いとは言いませんが、その辺のコンビニに行くような服装であると、このような場ではさすがに、どうしても周囲から浮いてしまいます。婚活パーティーでは一方女性の方はわりときれいに着飾って来る人も多数いるので、男の人の方があまりにもラフすぎると、カップリング後二人が横になって歩くのに抵抗があるのではないでしょうか。特にドレスコードが決められているわけではありませんが、社会人の常識として最低限のマナーは考えて格好を決めたほうが好ましいと思います。
  • 看護師|40歳をを超えているのに、結婚相手に出会うことができな…

  • 40歳を超えて、結婚する相手がなかなか見つけられない、結婚できないというのはいいわけではないでしょうか。年齢が40代を超えているからといっても、本当に結婚したいという気持ちがあり、結婚活動で断られてもめげない人なら結婚の可能性はあります。40代まで独身でいる男女は、いろんな経験をしてきた結果、結婚相手の性格は、こうでなくてはならない、また、年収はこれくらい必要だし、見た目はやっぱり、、と条件をあれこれ設定してしまう傾向があります。無論、自分の固定観念により、婚期を遅らせてしまっているのわけです。それにプラスして、40歳以上の人たちは、一人でいる期間が長いこともあり楽をしたい、自由でいたいという気持ちもあって、図らずも、結婚相手に対する要求も高くなってしまうようです。自覚はないかもしれませんが、周囲から見れば、「高望み」なのかもしれません。