看護師|現在の仕事に不満があり、転職サイトで自分の可能性を広げてく・・

看護師|現在の仕事に不安があり、転職サイトを利用して自身が新たなチャレンジので…

もしあなたが転職サイトを利用して自らの可能性を広げてくれる働いてみたいと思えるような企業情報を調べているのなら、「転職エージェント」も併せて利用しておきましょう。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスの登録を終え、その場で紹介してもらえる求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることが可能な公開求と人非公開求人とでは、どう比べても、比較にならない程とても良質といえます。しかも、あなたの条件にふさわしいものを調査した上で紹介してくれます。そういうわけで、あなたの理想の希望する職種の求人をもらえたりします。仮に、同一の求人に出くわすとしても、ひとりの力で最初から探す手間を考えれば、とても効率的です。ですから試してみる価値は大いにあります。

今の自分のスキルや資格を有効活用しながら、転職を考える場合に、…

今の自分のスキルを活用しながら就職活動をしていく場合、再就職しやすい業界と、比較的、再就職が難しいジャンルがある事を認識しておきましょう。再就職がカンタンといわれる業種は、働き手がいないと問題となっている「医療・介護」系が最たる例です。医療・介護の職種では看護師や介護士は「資格」を必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。こうした業界で働く人が、仕事に対しての不満によって、異業種へ再就職してみたいと思う場合は、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。なので、安易に考えないことが大切です。再就職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけておきましょう。

生涯初の失業保険を受ける際に、何もしなくても受け取れると考えている…

生涯初の失業保険の給付を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が大部分ですが、それは誤解です。実のところ、仕事を探していることが必要で、それとは別に、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月周期で担当者に就職活動の状況をきちんと説明して真面目に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。また、きちんと仕事を探そうとしていないとみなされたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しない場合は、アッサリと給付の一時停止の措置を取られたり、以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために注意してください。

看護師|再就職の面接での身なりは企業側からクールビズでお越しくださ…

転職の時に行われる面接時に企業側からクールビズでお越しくださいと連絡が来るケースもあります。しかし、クールビズで赴くのは良くないのでは?と感じてしまう人もいます。クールビズに関する不安を懐に持っている方々に進言したいのは、企業側からクールビズOKだと言われたのであれば、言われた内容をそのまま行動に移したほうが間違いないです。色々迷って、真夏なのにしっかりとスーツを着ると逆におかしいので、会社側からクールビズで良いと言われたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

現代はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門会社も増加しています。

近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許を出した経歴があるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。彼らは、特許出願を行った人に限らず、研究開発で論文を発表した経験がある人や、マスコミで紹介された人など、何らかのインパクトがあった人をターゲットに、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと疑われる連絡をもらったのであれば、心当たりがないか考えてみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンティングと称して、登録料を要求してくる会社もあるらしいですが、そういったものは例外なく嘘ですからきっぱりと断るようにしましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を支払う必要はありません。

看護師|そのうちでも転職やることに当たっては、現在の職場や…

来週からでも転職活動を予定しているのなら、今現在の仕事での納得いかない部分を洗い出しておきましょう。気に入らないことがあるから転職しようと思われているはずです。でも「存在する会社の客観的に考えた不満なことを列挙する」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、仕事を変えることで「どういった事がマイナスになるだろうか」を想像してみましょう。転職できたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐことが可能です。