看護師|あなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、…

看護師|もしもあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」において…

あなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移り住んで再就職したいと希望する人、実践する人が増えています。ここ最近は転職サイトの地域指定をするだけで、郊外や地方の求人もいつでも閲覧できるようになりました。地方や郊外での求人情報では、どうしても選択肢が限られてくるのがデメリットといえます。ですので、求人サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもしっかりチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートに関する情報も注視しておきましょう。

転職を行う場合、あれこれ情報収集されるとは思います・・

転職活動を行う場合、様々な手段で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しなければもったいないです。一時期、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた社員の腹いせによってそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、別の見方をすると、ウソばかりの投稿であれば、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。しかしながら、本当は『クロ』で「真実が書かれているので、急いで火消しをしよう」と思っているかもしれません。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、それだけ関わったらトラブルに遭遇する覚悟をしなければいけないと捉えておいて問題ないと思います。そもそも、本当に善良な会社であればトラブルなんて発生しません。

経験のない業界などに転業する際には、以前の仕事で育んできた・・

全くの未経験である分野などに転身したいと思っている場合には、自分が前の職場で培ってきた能力ややってきたことを生かすことができるといった内容の自己アピールが必要です。経験をしたことのない業種の場合、未経験の分だけその業界で働いたことがある人よりも正直、損にはなりますが、自分自身の持っているスキルがそこでも生きるということを相手に伝えれば、勝負になる場合も十分にあります。そんな訳で、経験したことがない業界に挑むときには、その業界とこれまでに自分がしてきた仕事内容とのつながりを見付けましょう。

転職を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。

転職を度々しないための術が一つだけあります。スキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返しません。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるコツは誰でも知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を鍛えることができます。何かと言うと「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化も言葉も違うので、目につくすべてが刺激となります。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に帰ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま面接に向かえば、これまでとは格段に違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。しかし、退職直後は精神面がもろくなっている人も多いので適度に休んで、回復したあとで行動するようにしましょう。

転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ覚えていただきたい…

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしてもらいたい箇所があります。なんとなく派遣社員の業務については、お茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をのような業務内容をなんとなく想像してしまう方が多々ありますよね。最初は私自身もまさにそう思っていました。現在勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「業務は電話対応になります」と入社前に説明を受けました。しかし、いざ業務に掛かると、まさか「電話対応」とともに、足りない正社員の業務の穴埋め役となるよう、頼まれました。毎回振り回されますし、求人表だけでは、非常に困っています。とりあえず、契約期間が終わるのを待つだけです。

転職したい会社での見学に参加すると非常に参考になります。

転職候補に挙がっている会社の見学は、非常に参考になります。とくに、「職人」のいる会社なら、職人技を近い距離で見られるのでワクワクします。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では絶対に見学者には、実際の働き方を見せないのが特徴です。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーなどの分野です。この業種では、癖の強い人が多いので入社しないと、本来の姿は伺えません。ですから、見学内容がそのまま仕事、と解釈しないことがたいへん大切です。それに加えて、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社はキケンなので気をつけましょう。入社していない段階ではもしケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保障は一切ありません。スタッフから勧められても丁寧に断るのが無難です。