転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書がポイントとなってきます。

  • 転職活動をする際は、「履歴書」「職務経歴書」かならず求められます。企業のほぼすべては履歴書及び職務経歴書の記載内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、なによりもこれらの書類の作成が重要といえるでしょう。単に文字を書きさえすればいいというわけではなく、記載内容の充実を図ることも必要です。職務経歴書は、今までの職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書きます。また、現在の仕事で挙げた実績を、たとえば残業時間を何時間減らしました、などかなり具体的に書いていきます。もしも、作成が難しいと思うなら、転職エージェントを活用したり、よりよい内容にしてみましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを利用することも良い結果を導きやすくなります。
  • 看護師|転職エージェントは一度登録すると、電話やメール連絡が頻繁に入ります。

  • 転職エージェントに登録した場合、電話・メールで何回も連絡が入ります。これに対して「転職エージェント」の利用が初めての人はとてもびっくりすることがよくあります。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことがその役割なので、かなり積極的です。大手のエージェントは成就させると企業からお金が入る仕組みであることから、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが少なくありません。さらに、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が取れると間髪入れずに、「入社はどうでしょうか?」と説得の連絡をしてきます。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意することが重要です。
  • 女性の再就職において、今現在と一昔前では若干、状況に違いがあったりします。

  • 女性の再就職は、今現在とセクハラが問題視される前では若干の変化が見受けられます。かつては面接の際に、結婚観や結婚後の仕事などのことに関して、ごく普通に質問されることがほとんどでした。ところが、今はこういった内容は、セクハラに該当する恐れがあるとして、質問を避ける企業が増えています。また、世間に名の知れた大きな会社ほど、この手の質問をNG質問として扱われています。しかしながら、会社側は、〇か×で返答するのではなく、その人が、結婚した後も働きたいのか、出産後の細かい予定を知っておきたいと思っている事でしょう。あなたの価値観をわかっておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と一緒に話すことで相手側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると考えられます。聞かれていない部分も、こちら側から積極的に答えてみると良いでしょう。
  • 看護師|クールビズのスタイルで再就職の面接会場に行こうとする場・・

  • クールビズのスタイルで再就職の面接場に出向く場合、ジャケットは着用しなくても良いと間違いなく言い切れますが、ネクタイだけは着用しておいたほうが良い印象を与えてくれるのでお勧めです。タイの着用はなくても良いとしている会社も存在することもなくはないですが、ネクタイにおいては例えクールビズが推奨されていても着用して行く必要があると思っているところが一定数存在します。ですので、クールビズでOKだと言われていてもネクタイにおいては絶対に着用から行った方が安心であるということを分かっておいてほしいです。
  • 看護師|転職のための活動は希望先転職先の会社企業というより…

  • 転職活動といえば、希望する企業相手というよりも採用担当の面接係員とのやり取りが肝心といえます。しっかりと採用してもらうために、第一歩として肩の力を抜いて焦らずに対応しましょう。出来ればお見合いのような気分でいる望むと良いでしょう。また面接を通じてまずはあなた自身の人間性や人柄を判定されるので誤解を招くような見た目・言動は気をつけて避けましょう。なおかつ常識的な社会人らしい転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、転職活動はかなり楽になります。
  • 看護師|転職活動の中の話題に上がるのが年収です。

  • 就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接の時、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげると、現在の年収が400万円の方が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば極めて小さいです。もし、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職に追い込まれるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。