求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜんたいていの職場…

看護師|求人関連の情報では、ほとんどの場合、たいていの企業では…

  • 求人についての情報を見てみると、大部分の場合は多くの会社では月にもらえるお金等が記載されています。この月収の欄を確認する時には、注意して確認する事が大事です。その値だけで納得しないほうが無難です。実は場合によっては、月収の金額の内訳で月30時間残業の場合が条件になっているかもしれません。残業代をあえて含めることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられるのです。このほか、基本給プラス歩合給で、歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている可能性も考えられます。だから、このようなよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社ははじめから相手にしないほうが無難です。
  • 少し前に転職したばかりだというのに、あっという間に辞めてしまうことを決断する人・・

  • この前、転職をやっとしたばかりだというのに、あっという間に退職届を提出する人がとても多かったりします。何故かと考えてみると私見ですがリフレッシュな気持ちで自分自身に合った仕事を見つけたものの、「自分自身の期待していた仕事とかなり違っていた」「会社のルールにどうしても慣れなかった」という理由で去っていくことが珍しくないといいます。可能ならこのような、転職における失敗を繰り返さないために、第一に、前もっての情報集めは徹底する、に尽きます。職場独自のルール、具体的な業務内容、などあれこれ事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。
  • 転職サイトは、大手であるほど掲載量も多くなるため、感じがよさそうな2,3の会社…

  • 転職サイトは有名なサイトの方が掲載される転職情報が多いため、興味を引く2~3社を、ともかく転職サイトに登録した上で、勤務地や年収などの条件を設定しておき、次に条件に合った案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと転職情報の収集が容易になります。でも、初めだけは登録するのが非常に大変なので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録の初日は、少々時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、次回以降応募するときのことを考えれば、初めの準備に手を抜かないことを心がけましょう。
  • 転職の際の面接は、規模の小さい企業であればおおよそ「人事」が面接官です・・

  • 転職希望者が受ける面接では、零細企業だったら大抵は「人事」が面接担当ですが、別の場合もあるようです。例を挙げるとしたら、共に仕事をする作業部署の責任者、つまり課長や部長などの管理職クラスが面接の場にいることも珍しくありません。また事務系や営業系の場合は、資格などで人の評価が難しいので自主的に自分自身をアピールしていくことが求められます。面接担当者たちから「この男は、堂々と自己発言してるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大事です。
  • 長く接客業で働き続けてきましたが、加齢のせいか立った仕事は…

  • 長期間接客関係で勤め続けてきましたが、年齢を重ねるにつれて立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的にきついため、座って仕事を続けられるオフィスワークへの転職を考えて行動にうつりました。事務の経験がなければなかなか採用してもらえず、そうであれば接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格も取って個人クリニックに転職することができました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係が苦痛。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客の仕事をしていた頃よりも帰る時間が遅くなったのですが、とにかく今はキャリア形成の時期だと考えて我慢します。
  • 転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。

  • 転職活動を現職と並行している人は少なくありません。ですが、忙しく働きながら求人案件を見て、応募の手続きをしたり、面接に行くのは精神も肉体もハードといえるでしょう。転職活動中は、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、もしも、書類選考をクリアし、面接の段になって辞退すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、直接応募していた場合も相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにせよ自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると徹底しましょう。