近頃、株・不動産投資などの不労所得や独立を目指す人も増えています。

ここ最近は、株・不動産投資などといった不労所得のほ…

  • 現在は、株・不動産投資をはじめとした不労所得のほかに個人事業主を目指す人も増えています。そのような変化もあり、「自営業は不安定だし危険」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、先の見えない自営業という生き方よりも会社勤めの方がずっと安定していて、人のあるべき形として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されてはいました。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、現在は、「成熟期」といった名称で表現されています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、社会においては人手が不要になると言われています。
  • 日本には昔から”石の上にも3年”というコトワザがあるのです…

  • 昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。でも、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。再就職したいなら、適したを図る必要があります。まず、今やっている職場、や仕事内容について、嫌だと強く感じていることを、5~10個ほど、リストアップしてみてください。この作業が、将来の再就職に役立ちます。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、尻込みせず、より良い仕事を手に入れるべく努力することも大切です。
  • 転職というものをする場合、転職したあとの自分の給料ばかりを気にする人…

  • 転職を考えるとき、転職先となる職場における給料について気にしすぎる人がかなり少なくありません。もちろんほとんどの人は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として得るべく仕事をしているのでしょう。したがって年収というのは自分がどのくらい評価してもらえるか、でもあるのでとうぜん大切なのは至極当然です。とはいえ、年収の額に執着しすぎる生き方というのも悲しい気がしませんか?年収が期待できない業種でったも精神的な成長を遂げられるチャンスはあるからです。
  • ある古物商の会社で書類選考をパスしました。その後担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をクリアして先方から面接日時を告げられました。しかし、当日、指定された場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていませんでした。しばらく待っていると、所長らしい男性が面接担当をしてくれましたが、呆れるほどけだるい表情を見せ、ひとまず面接は終わりました。ところが、予定日になっても結果連絡が一切来ず、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも来ず、そこでまた電話をしたところ、どういうことなのか、「残念ですが不採用になりました」、と一方的に電話を切られてしまいました。呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、素直に、採用されなくて良かったとホッとしています。
  • 看護師|新しい仕事で、これまでに培ってきた資格やキャリアを存分に発揮できれば・・

  • 新たな職場にてそれまでに身に付けたスキル・キャリア生かすことができれば、即戦力として認識され、早々に仕事場にも馴染めるはずです。いい人を求人している会社側としても、即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ合致すれば、とんとん拍子に事が運ぶでしょう。加えてかつての仕事内容と似た業種であれば転職自体は簡単にいくはずです。そういっても、それなりにスキルがあるといっても大手企業の事務職、公務員系の募集は、昔と変わらず相当な競争率であることは間違いないといえます。
  • 大きな転職エージェントほど、潤沢な案件があるというメリットがあるといえます・・

  • 転職エージェントは大手であるほど、様々な案件を抱えているという強みがあるといえますが、それと同時に競合する転職希望者もたくさんいます。それゆえにあなたが、応募したい会社を探し出しても、そのエージェント担当者が不可能だと判断すると応募してくれない場合もありますし、企業から見て自分よりも有能なライバルがいると、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。要するに大規模なエージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており案外応募できないので、発想を変えて中小規模のエージェントに希望する企業や案件について相談し、応募できませんか?と尋ねてみると転職希望者のためにアプローチしてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。