転職活動において、比較的重視されるのがまぎれもなく「面接」になります。

看護師|再就職をするときにとても要となるのが「面接」です。

転職時、かなり重要となるのが「面接」なのは間違いありません。多くの場合面接では、面接官が応募者に転職の動機など将来の展望など、さまざまな点を尋ねると思います。面白いことに面接の終わり頃になりますと、今度は、転職希望者から面接担当の人に逆質問に切り替わります。面接担当の人から「なにか弊社についての質問はありますか?」と尋ねてくれるわけです。こんな時は、面接者本人が緊張しすぎて慌ててしまうと思います。こんな場面に備えて、面接の前に疑問点などの質問の内容を考えておくのもいいかもしれません。具体的に知っているわけではありませんから、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

看護師|転職のために現在勤務している会社を辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要があります…

転職する際、現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、仮に自分から退職願を提出して退社する、いわゆる依願退職の場合は、すぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続して失業したことが認められてから3か月の期間が必要なのです。よく間違って会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると誤解している人がいますが、この規則を勘違いして手続きに不手際があると勘違いしてその結果としてハローワークの担当スタッフと口論になっているのを見たことがあります。なお、労働者側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定されて即、失業保険が給付されます。

看護師|このような話は従兄の友達の話です。

知人から聞いた話です。就職活動を始めて新卒時の就職でなにがなんでも働きたかった目標であるA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、そのため仕方なく違う会社に就職しました。それから1年経過したぐらいに派遣の求人サイトを閲覧する中でA社の紹介予定派遣の求人を発見して、我慢することができず当時の会社をすぐに辞めて、派遣社員としてA社で働き始めました。真面目に頑張ってその先幸運にもA社で正社員になることができ、今では仕事のやりがいを感じながら楽しく勤務しています。

看護師|将来、社会的には着々と思考を必要としない作業は機械に変換さ・・

今後、私たちの労働環境において着々と短絡的な労働は機械で済まされるようになり明らかにそういう仕事をする人手は少なからず削減させられてしまいます。なぜかというと短絡的な仕事という観点では人間より機械のほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。数を数えたり同一の動きを延々と繰り返すことは機械なら何も不自由もありません。もちろん人間とは違って愚痴を言わず、疲れ知らず、不正をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるのも魅力です。おまけに「人件費」が発生しないのも違いですね。労働力として人を使う理由が無いため、機械に置き代わるのも無理はありません。

楽しい気持ちを持ちながら転職活動と向き合うことで、メンタルへの負担を抑えられるの…

楽しみながら転職と向き合えば、メンタル面での負担も少ないので、転職先が見つかるまでの間の堕落も回避できます。それにメンタル面が問題がなければ、直ぐに転職が出来るでしょう。ベストな形は、やはり、休職期間をつくらず新しい職場を見付けることが重要です。今の仕事を続けながら、新たな職場を探すのがベストだと思います。隙間のない探し方をすることで、現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。このようにしておくと、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴への影響も回避できます。すなわち、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを考えつつ、転職活動を進めてみましょう。

転職期間中には、自分の好きなことに打ち込んだり、体力を損なわない様にする・・

転職先を探している期間中は、趣味に時間を費やすことに加え、体力を低下させないようにしておくとベストです。勤務先が見つかり、仕事を再開したときに、趣味に集中していたことによって知らない間に集中する力が養われているのです。また体力アップしていることで一緒に働く人と比べると体力が持続するということを認識します。というワケで、退職して転社先が決まるまでは自分が興味のあるなことに力を入れることと、体力アップを図ることをしておいて損することはありません。将来、職場にて同じ趣味を持つ人とめぐりあうことができれば、親しくなれるきっかけになります。ですから、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。