転職の面接などにおいて面接担当者が名刺を差し出してきたら・・

再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を渡された場合、…

  • 再就職の時の面接などの際に担当者に名刺を渡された時、自分も同様に名刺を渡すべきであるのか?ないのか?と対応の仕方に迷った際は、ほとんどは渡す必要のないもの、と思っておきましょう。面接においては仕事の内ではなくて、仕事を得るための採用活動の一部です。ですからほとんどの場合は名刺を交換する時とは違います。合わせて、あなたは立場上会社の人間として出向いているのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。したがって、もしも相手側から名刺を渡されても、こちらにおいてはもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手に渡すことはないと推測できます。
  • 看護師|転職をする際にチェックすることになる募集要項の情報というのは・・

  • 再就職をする時に気にかける募集内容に関しては、目安として掲載されている、という可能性があります。そのため、書かれている内容は間違いのないものだと迂闊に信じないほうがいいと思います。中でも特に給与の金額などにおいては、社員を平均した額なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?といった評価ができない人のほうが多く自らの勝手な判断で読み取ってしまうと、後々そのことを悔いるかもしれません。という訳で、嫌な思いをしないために、求人情報は一般的なものだと思って、そういった重要なことは会社の方に直接問い合わせるのが良いです。
  • 看護師|近いうちに転職される人で次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうな…

  • 今年中に転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては現在の所属する会社がもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を手にできます。手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、働いている企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取れる可能性もあります。なお、もらえる「失業手当」の額は、最後となる月の近々の給料がもとになって算出されるため、勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方は理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • 看護師|新卒採用で入った会社に別れを告げて、一歩踏み出して転職を決意しました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、勇気を出して転職しました。実際に転職する前後は、とても悩んだように思います。でも、新卒採用で入社した会社を退職し、多数の人が転職をしていることを自身の転職活動中に思い知らされ、自然と漠然とした不安が消え、ほっとしました。なにより転職をすると徐々に肩の荷が下りたかのような気分になり、自分の好きな仕事を再確認できて毎日が楽しくなりました。やはり「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような意見も多々ありますが、それが正しいのかなと思いました。私の転職活動は転職を経験して良かったと思います。
  • 再就職をする際で決まり文句のように聞きだされることが…

  • 再就職の面接で必ず投げかけられるのは会社を辞職した理由ですが、このような質問が出た場合には辞めた会社を話の中心にしないほうが無難です。会社を辞めた経緯が話の中心になると絶対にマイナス面を伴った面接に進んでしまいます。どういう風に話せばいいかと言えば、なぜ以前働いていた会社を辞めたのかという事をこちらの会社にぜひとも入社したいと思っていたからという感じの話に持っていくということで、自己アピールもかねて入社したい会社の方に話の方向を傾けていきましょう。転職理由でも、そのような話ならば、悪い面ではなく積極性を前面に押し出した前の職場を去った訳にすることができます。
  • 看護師|転職のために人材バンクに登録に行きました。

  • 数日前転職先を見つけるために人材バンクに登録に出向きました。そこで登録カウンセリングをするために現れた担当者がどうも社会人経験の少ない社員のようで、こちら側が説明をしていることの5割ほどもその社員は理解ができていない模様。それに加えて「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「自分の強みは何なのか考えるべきです」等、上から目線で横柄にのたまうからとても嫌な気分になりました。カウンセリングをする人は多少は社会人の経験がある方にしてほしいと感じます。