看護師|私が仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたのです・・

私が転職を考えていた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していのだが・・

  • 昔はかなり複数の人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは転職アドバイザーのレベルに関しても本当に様々あって大方は物足りなく感じるアドバイザーばかり。私にとっては人生かかっているのにもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという落胆した気持ちが積もり積もってそれが引き金となって自分がキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得できるまでには経済的な負担にもなりました。それに加えて勉強も大変ではありますが、就活中の人に信用してもらえる人になるために頑張っています。

  • 転職する場合、相応の準備は必須です。

  • 転職を進めるには、それなりの準備はやらなくてはいけません。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に見える服装は気になっても仕方がないと思います。…が、最近の企業面接については形式ばらない服装がOKな会社も多いので、ガッチリとスーツで決めて臨まなくても良いでしょう。創業したての新規の企業などは、お堅いルールもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手に好印象を与えられます。そして、正装ではないので、フランクに会話できるのも魅力のひとつです。そうして、私服ですと面接の間に、ファッションで、相手との話が広がる可能性もありますから、もしかしたら面接担当の人から気に入られる期待もできます。ということから、今後、転職する際は、企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

  • 看護師|『転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が固いなら・・

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が強いのであれば、辞職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。ですが、このときに相談という形を取ると、場合によって必ず言いくるめられます。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引き最終的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめに、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本音は区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったのに、大変驚きました。企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを要望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、さすがに職場に対してガッカリしました。

  • 看護師|一般的に見て大きな会社は「定期採用」がメインです。ですか・・

  • 一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職希望者には向いていません。しかも都会の外だとその機会はずっと低くなるでしょう。でも、製造業の企業の場合には、地方の工業団地などに製造の拠点としていることもとても多いです。また、そのような工場の場合、事業分野の拡大に伴って「人員募集」を積極的に行うので、そういったタイミングに転職するのもいいでしょう。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、希望する会社についての下調べから把握し、その会社のホームページを覗いて、求人予定がないか忘れずにチェックしてみてください。

  • 私は20代の時点で転職を2回し、そして現在、資格を取る…

  • 20代のうちに転職を2回経験し、そして今、資格の勉強をしながら、派遣社員で働いています。常勤の勤務とは異なるため、給料は安いのですが、心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、しっかりと資格を活かしている人と話すとかなり羨ましいと感じたりもします。以前の私は、うまくいってる人と自分とを比較して、落ち込む日もありました。しかし、結婚を経験し、過去と比べ生活そのものが大きく変化し、前よりもその中で将来の目標も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。

  • 今やっている転職活動の際、「私はかつて、こういう種類・・

  • がんばっている転職する活動中に、「自分はこれまでずっとこういった仕事を長く続けてきました」「これまでにこういった技術を得られました」と実績などをがっしりアピールしようと考える人はわりと少なくありません。でも、転職希望するその場所で「近い将来こういった仕事をしたい」「これこれの事ならできれば貢献できると思う」と未来形として自身をアピールする方がよっぽど効果があります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。