転職活動をしているなら、気になる求人(または業種)があったら・・

今から転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは業界…

  • 転職活動をするという時は、気になる求人(OR 業種)があれば、きちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントでは、その業界のデメリットなどは、知ることはできません。もしブラックな面があるならインターネット検索で一発で現実を知ることができます。そういった現実を知らずに入社した場合、あとになって入ったことを後悔してしまうかもしれません。だいたいその求人が出されていた理由が「仕事の内容がキツイからなかなか人が定着しない」という場合も多くあります。目に留まった業種や案件に関しては、しっかりチェックしてから応募することを心がけましょう。
  • 派遣で働いています。労働契約法の関連で否応なく、馴染みのあ…

  • 派遣として就業しています。派遣法とかのからみで長く働いた就業先での仕事の契約が終了します。同じ派遣の人の中には、派遣で働いている会社で正規社員としての契約を獲得した方もいるのですが採用された理由としてはぶっちゃけると仕事の腕とは関係なく派遣先上司へのあしらいがうまくてそれで採用された感じ。職務を遂行するスキルよりもおじさん転がしの能力が大切なのかなーと抜擢されなかった他の派遣仲間と職場で愚痴る日々です。
  • 看護師|良い転職先を見つけるためには、最初に行動しなくてはいけません。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、最初に情報収集をしておきましょう。そうしようと思うのなら今を見ると企業の名前を知られていない中小零細企業にもかかわらず公式サイトで会社のことをわかるところがとうぜんだから、インターネットの機能を活用して自分が知りたい情報をチェックしておくとまたわからないこと等を整理しておくと転職時に助かります。公式ホームページ以外にも、「転職サイト」を利用してみるのも有りだと思います。実際に何より転職の候補にしている企業を自身の目で確かめてみるのも意味があります。
  • 友人や知人からの紹介を通じて転職先を探すこともあるでしょう。

  • 知人の紹介をキッカケにして転職先を見つける人もいます。しかしながら、労働環境やそれから労働条件といったポイントを知人からの口コミ情報のみで過剰に信じると後々面倒なことになるおそれがあります。というのは個人の口コミというのは、その人の主観に基づいているからです。つまり知人にとっては、とてもよい職場環境に思えても、、自身の価値観に照らし合わせたときには、ストレスだらけの環境、、、という可能性があります。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけで判断せず、最後は自身の目でしっかりチェックしてみてください。
  • 転職の際に必須となる採用面接での多数の人が考え違いをしているのですが…

  • 転職の際に外せない採用面接では、多数のひとが思い違いをしているのですが採用をされたいあまり必要以上に猫かぶりすることは、正直なところ不採用に直結してしまいます。そんな事態を避けるためには思い切って面接時は、「休暇」などの、普通であればかなり聞きづらいことも勇気を持って率直に質問しておくと、結果的に間違いなくあなたのためになります。実際には「面接の段階でずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、面接で不利になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれませんが、ところが、かえって良い印象を持ってもらえる場合が多いようです。これらの実は面接時に誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかし、多くの人が気を遣って不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれど、あえて尋ねておくことで「勇気のある人だな」と自己アピールになるのです。
  • 転職活動をしていれば、面接のときに必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動を行っていて面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。志望動機については、率直に話してもかまいませんが、転職理由についてそのまま話すのはよくありません。たとえば給料・待遇に対する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。とはいっても、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持つことが多いので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対して不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そのあと、この会社に入ってこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えてみましょう。