かつては求人誌に性別がもれなく明記されていました。

以前は求人誌に雇用側が必要とする「性別」について、きちんと明記されていました。

  • 以前の求人情報に求める人材の「性別」までもれなく記載されていました。しかし、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、採用する際、男女の差別があってはいけないルールが敷かれ、応募条件の詳細に男女の性別を記載しないようになりました。そんな変化があるものの、求人情報を出す側は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。ですから、本当は男性が希望の業種に募集に女性がやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまったり、でも採用されないといった可能性が高くなります。もし、「女性が活躍できる仕事場です」といった内容なら、会社側が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいた方がトラブルを避けられます。

    転職サイトや転職エージェントを活用し、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを利用して、転職活動する人は少なくありません。とはいえ、転職の幅を広げたいのであれば、それに加えて転職フェアに参加するのがおすすめです。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加されればあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、そして、説明員等を通じて、企業特有の個性を感じられるでしょう。もしも、転職フェアに参加する場合には、これも面接のうちだと思って自分をアピールする準備をしておきましょう。その結果フェアでの交流の中で企業側(の担当者に)認められれば、後で面接の本番時に非常に有利になると予想されます。

    はじめて転職をする場合、頭に入れておかなければいけない・・

  • 人生ではじめて転職を行うなら、頭に入れておかなければいけないのは「今の仕事を辞めたい理由」をクリアにしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておいた方がいいでしょう。その上で問題を改善できるであろう会社を選択してみましょう。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、今の仕事を続けながら転職活動を行っていくので、時間と体力とが必要だと考えられます。それがために理由が明確にされないまま転職活動を開始した場合、途中で行き詰まる可能性が高くなります。是が非でも転職したい、現状に変化を加えたいという熱い気持ちがない場合は、転職活動を開始するのは保留にしておいた方が良いです。

    就職活動中に注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高め…

  • 就職活動時に注意して欲しい求人内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束される時間が長めというものです。このような募集内容では、給料に『みなし残業代』を入れて告知していることがたいへん多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間、45時間という風に求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、あらかじめ給料形態に残業代を組み込んでおくという仕組みです。(ちなみに、これは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代30時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を含めると、この給料です」という求人になるわけです。けれども、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』をわざと記載していないこともザラですのでよく気を付けてください。

    安定した暮らしを手に入れるべく正社員を狙っている・・

  • 安定した暮らしを送りたいと「正社員」として働こうと考えている人は多数だと思います。にもかかわらず、相当な努力をしていても、正社員としての転職が現実化しないこともあります。契約社員や派遣社員の求人情報があるのに正規雇用の求人に固執し、応募しない人も多いでしょう。しかし、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正社員の募集もチェックしてみましょう。契約社員を募集している会社であっても、その人の頑張りにより、2,3年で契約社員から正社員へのキャリアアップができることもあるからです。採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の機会の有無を質問しておくと良いでしょう。

    今現在のあなたの職場や仕事内容に対して、ほとんどの人は不満を感じていると思います。

  • 今現在の勤め先や業務内容について多くの人は不満を感じていると思います。「自分の持っているスキルや能力を適正に評価されていない」ゆえに、「給料は平行線だし、昇格の見込みもない」といった不満が多数を占めます。ですが、そんな風に思っている人の場合、自分自身の本来の技量を過剰評価していることもあります。もしも、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「この企業や職種では、自分を活かせない」と再就職先が全く決まらないと言う事に陥りがちです。という事態を招く可能性があります。なので再就職を円滑に行うためにも、自身の能力を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。