生涯初の失業保険を受けるケースでは、じっとしていれば給付されると考えている人が…

看護師|はじめて「失業保険」を受ける際、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人・・

生涯初の失業保険をもらうときに、何もしなくてももらえると思っている人が非常に多いですが、それは間違いです。現実には、失業保険の給付をきちんともらうためには、就職活動をしなければならず、それに加えて、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月周期で職員に求職活動の状況を報告して真面目に仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。これに対し、きちんと就職活動に取り組んでいないとみなされたり、毎月の職員との面談に不参加だった場合は、有無を言わさずに給付を一時的に止められたり、場合によってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないよう気をつけてください。

看護師|再就職の面接に関してですが企業側からクールビズでお越しくだ・・

職を変える際の面接についてですがクールビズで来てくださいとと事前に言われる時もあります。しかし、なかには、クールビズで赴くのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?と思いがちです。そういうことで悩みを懐に抱え込んでしまっている人々に伝えたいのは、会社側からクールビズを指定された面接なのであれば、言われた内容を守った方が安心です。悩みすぎて、真夏であるのも関わらずスーツをしっかりと着ると面接担当者に不自然な印象を与えてしまいますから、クールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

最近、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」の専門業者も増えています。

近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの専門会社もたくさんあります。あなたに特許を出した経験があるなら、コンタクトを受ける可能性が高くなります。彼らは、特許申請を行った人に加えて、研究開発で論文を出した人、「テレビや雑誌」で特集された人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングするネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングらしい話が出てきたときには、心当たりがないか考えてみましょう。稀にヘッドハンティング名目で登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、そのような業者は例外なく嘘であるので騙されないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

そのうちでも転職することを希望しているのなら、今現在・・

そのうち転職することを考えているのなら、今の仕事や業務での不満に思う部分をリストアップしてみる必要があります。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。不満なことがあるから転職しようと思っているはずです。しかし「きちんと現状の業務や仕事の問題なことを挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。その次に転職を叶えたとしたら、「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。転職したとしても、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は防ぐ事ができると思います。

仮にあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」にお・・

仮にあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都会から地方に移り住んだうえで再就職したいと考えている人が、近年増えています。最近では転職サイトを用いれば、地方の求人も手軽にアクセスできるようになりました。残念ながら郊外や地方での求人については、どうしても都市部よりも少ないので、それがマイナスといえます。したがって転職サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもきちんと確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートのイベントにも注意してみておきましょう。

看護師|転職するときには、いろんな手段で情報を得ることが多いと思いますが、…

転職活動を開始するにあたって、いろんな経路で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトの利用を強くおすすめします。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐でそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、違った角度から見れば、ウソの書き込みであれば会社としては気にする必要はないはずです。あるいは、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではマズイと考え、急いで火消しをしよう」という話かもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけトラブルが発生する確率が高い、と判断して良いでしょう。人もそうですが、善良な会社にはトラブルなんて発生しません。