看護師|経験したことがない業種などに転業するときには、自分が前の会・・

看護師|初挑戦となる業界などに転職をしようとするときには、自分が前の…

初挑戦の業界などに転業するときには、以前の職で、自分が身に付けた力や今までやってきたことを生かすことができるという自己アピールが必要です。経験をしたことのない業種の場合、その分だけその分野で勤務したことがある方よりも損にはなりますが、自らの持っている能力がそこで発揮することができるということを伝えることができれば、戦うことができることも多々出てきます。それゆえに、未経験であるジャンルに挑戦する場合は、その業種と自分が今までやってきた仕事とのつながりをできる限り見つけ出してみましょう。

看護師|退職と転職を度々しないためには、少しコツがいります。

転職を繰り返さないための対策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる今では精神面を強くする自己啓発系の情報は誰でもカンタンに拾えます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは無関係な「とある行動」によっても精神面を強くすることができます。何かと言うとズバリ「海外旅行」です。海外に旅行に行くとはじめて目にする光景もたくさんあったりと、すべてのことが良い刺激となります。なので、帰って来てから変化があるのです。日本に帰ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態で面接に行けば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信満々に自己アピールができるはずです。ただし、退職直後は精神的にまいっている人も多いので今後のために休暇も必要です。

看護師|転職を、「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひチェックしていただき・・

転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意して欲しい点が何点かあります。一般的に派遣社員と聞くと「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」のような業務内容をなんとなく考えた方がおそらく多々ありますよね。はじめは私もまさにそう思っていました。今、働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「担当する業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社の担当者からも聞いていました。ですが、いざ働き始めると、まさか「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を指示されました。的確に動けるわけもなく、入社前の説明と大きな食い違いがあるので困っています。今は、契約期間が終わるのを待つだけです。

転職先での見学に参加するとたいへん勉強になります。

転職先での見学に参加するとすごく勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社見学は、スキルを近くで見られるため、ワクワクします。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、間違いなく見学者には、普段の仕事風景を見せてくれることはまずありません。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。この職種では、個人のプライドが強いので入社しないと、本来の姿がわかりません。ですから、仕事=見学で知った内容と思わないことが大切です。それに加えて、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は危険ですし、正直言って、気を付けるべきです。入社すらしてない人にはもし何かあっても、それに対する保証がないため、仮に、勧められたとしても角が立たないように断るとこが大切です。

失業時の助けになる「失業保険」は、失業状態でなければもらえませんが・・

失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが、もらえる期間が決まっています。離職時までに働いていた期間によって違い、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、世の中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦って就職先を見つけようとしても条件のよいところを探すのは困難です。転職を希望する会社の面接担当もアホウではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」に関しては大よその想像が付く。場合によっては、何をしていたか質問されることになり、返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、受かりません。

看護師|近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり・・

近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが強化されたり、社名が公表されるなど罰則も強化されていますが、まだまだ完全ではないのが現状です。面接で見破る方法があります。まずは求人票などに記載されている労働条件を見ておき、怪しい点についてあれこれ質問してみましょう。相手がブラック企業であれば、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、その場では答えられないなど逃げるような姿勢になることが多くあります。特に給与や残業や休日に対しては、質問責めすると、渋い表情を見せることが多くあります。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。