転職の意思があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

仕事を始めてすぐはすぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい仕事についてすぐは年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、転職して1年目は「研修期間」が含まれているというのがあります。自身の転職では、どうにかして手に入った職場なのに、期待に反して前いた会社での稼ぎとあまりイコールでした。さらに、業務は多様で忙しく、かなり責任重大な立場でもあったので、最初の1年は、ひどく労力を伴いました。そうした体験から初年度はいわば勉強の年と割り切って、可能ならば転職するよりも以前からお金をためて備えておくべき、と痛感します。

  • 看護師|転職時には、面接をすることになりますよね。

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。担当者から「転職理由は?」という風に、ほぼ確実に訊かれるはずです。このとき、どんな事情があっても、前の職場の「人間関係」「労働環境」についての愚痴とも受け止められる受け答えは、出来るだけしないほうが良いでしょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを無駄にしてしまいかねません。そのため面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることがかなり大切で、正直な理由でなくとも、「新しい職場ではこれまでの自分のキャリアをしっかり生かし、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といったような未来形での話ぶりが好印象となります。

  • 転職を行うとき、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したり・・

  • 転職活動では、前もって、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりして気になる会社をチェックするはずです。ところが、当該会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントに相談をしている可能性が高いです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。たとえ公開するとしても差しさわりのない表現をします。そういった類の社長の方針や社員の感想に関しては、それを事実として見るのではなく、半信半疑で聞き流すべきです。美辞麗句を信じて会社に入った場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、様々な文句をつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。最近問題となっているブラック企業に多い例です。

  • 新卒後最初に働いた会社でつらく当たる上司に困ってしま・・

  • 就職した会社でパワーハラスメントを行う上司に神経を削られ、これ以上は無理だと思いその会社を退職し、同業者の他の企業へ行くことにしました。転職先の会社では人間関係も良好で非常に満足の毎日でしたが、ちょっとずつ会社の業績が悪くなって、結局はある会社に経営統合されることになりました。奇遇にもその統合した先の会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、大嫌いだった上司が再度私の上司になることに。どれだけご縁があるのでしょうか。言うまでもありませんが再び転職活動を開始しています。

  • 転身を念頭に置いているなら小まめに色々な企業の募集案…

  • 再就職を考えているなら、労を惜しまずにたくさんの会社の採用情報の詳細を調べたり比較したりしておくと転身先をとても選択しやすくなるでしょう。あなたが現在の仕事にやりがいを感じていない場合、転職活動を開始したとき、どこの会社もいいように思えてしまします。そういった状態になってしまうと、どの企業を選択するべきか、迷ってしまい、どんな企業でも飛びついてしまうのです。よって、一瞬で退職の道に進んでしまうので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておくのがベストです。企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その企業の「取引先」を見るのがオススメです。透明性ある良い企業は、取引している会社情報を開示していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、覚えておきましょう。また、企業によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。

  • 看護師|転職をする際に準備しないといけない履歴書などに関しては…

  • 再就職の時に必ず準備する履歴書や職務経歴書などに関しては、たいてい、手書きではなく、パソコンを活用して作るのが普通です。日本においては履歴書や職務経歴書はパソコンを使わず自筆で作るのが一般常識だと思われる面もありますけど、それは新卒時の就職活動やアルバイトやパートに関してであって、転職をする時については履歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないとはっきりとは言えません。自筆の履歴書や職務経歴書を高く評価する時もあるようですが、そうではない時がだんだん増えてきているようなので、手書きの履歴書や職務経歴書でなくても良いとする会社は多くあるのです。