看護師|女性の転職に関しては、一昔前と近年とでは多少の変化があるようです。

女性が転職する際、一昔前と今とで少なからず、違いがあります。

女性が再就職する場合、数年前と現在と少し状況が変わりつつあります。かつては面接のなかで会社側から、未婚者なら結婚の予定に関して、ごく当たり前に女性に質問していました。ところが、今現在の流れとしては、そのようなデリケートな内容は、「セクハラ」と捉えられ、聞かない会社、が増加傾向にあります。名の知れた大企業ほど、神経質になっています。しかしながら、会社側としては、YES・NO、だけでなく、その人の価値観「結婚後も働きたいのか」出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思っているはずです。自分自身の将来設計を知っておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と並行して伝えることで、面接担当官にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると考えられます。そういうわけで、たとえ、聞かれていない箇所についても、あなたの方から気遣って話をしてみると良いでしょう。

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接を受けに行く場合、…

クールビズをして転職の面接を受けに行くときには、ジャケットは羽織って出向くことはないと言えるのです。ですが、ネクタイにおいてはして行った方が悪い印象を与えることがありません。ネクタイなしで大丈夫だと認める企業もある確率もあるにはあります。ですが、ネクタイはクールビズでも身だしなみとしてつける必要があるとしている会社がある程度あります。そういった訳で、例えクールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイを絶対に着用してから面接に行った方が良いというのは知っておいてください。

看護師|転職活動のコツは企業そのものというより、採用担当の面接係員…

転職は、最初の第一歩は企業そのものというより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といえます。面接係員に良い印象を与えるために、先ずは面接が始まる前に焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。例を挙げると女性とお見合いをするような意識で向かうと良いでしょう。面接内ではまず第一にあなたの人柄や人間性を見られるので余計な誤解を招くような態度や身なりは気をつけてゼッタイにやめましょう。また良識ある社会人らしく面接に適した綺麗な服装で望みましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

就職活動において、年収は極めて大事な要素です。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接の際、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実の年収を多く偽って、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現職の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。現在の年収が300万円の人が転職後に500万円となる可能性はほとんどありえません。現在が430万円の年収であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

求人関連の情報を見てみると、大部分の場合は普通の会社・・

求人についての情報を見てみると、とうぜん多くの会社では月の給与が記載されているはずです。しかしこの月収の箇所を見る時には、深く確認する事が大事です。数値だけで納得してはいけません。そのわけはひょっとすると、月収の内訳で「毎月10時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何があるかというと残業代を入れることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている所があるからです。また「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せているケースもあるんです。だから、そうやって応募者を増やそうとする会社には近づかないほうが良いでしょう。

3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、何ヶ月もたっていないの・・

ついこの間、転職したばかりであるにもかかわらず、あっという間に退職を決意してしまう人が思いの外多かったりします。何故そうなるのかと考えてみるとたぶんリフレッシュな気持ちで新たな環境を手に入れたものの、「自分の思っていたものとおかしいと思うほど違っていた」「納得行かないのでウンザリしている」という原因で去っていくことが多いようです。可能ならばこのような、転職における失敗を繰り返さないために、まずは事前の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。通勤にかかる時間、昇給システム、などチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。