看護師の転職活動

看護師|女性の転職に関しては、一昔前と近年とでは多少の変化があるようです。

女性が転職する場合、近年と一昔前では多少の変化があるといいます。過去には面接の際に会社側から、結婚の予定や出産後の方針に関して、質問されることがほとんどでした。ですが、現在はその手のデリケートな内容は、セクハラと会社側が捉え、質問をしない会社が当たり前になりつつあります。
看護師の転職活動

これまでは転職サイトを利用するよりも、主に「ハローワーク」を利用していました。

今までの私は、「転職サイト」を使うより、主に「ハローワーク」が中心でした。その理由は、規模の大きな「転職サイト」は、構造上、都心の求人情報しかないからです。これまでの求人情報を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、掲載されるいくらか給料や労働条件で差がありますが、昔から地域に根ざした企業もあり、都会以外での転職には役立ちます。
看護師の転職活動

転職の意思があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

新しい就業先ではいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。とりわけ入社1年目の段階では、大概「試用期間」を含んでいる企業も多く、自身のときは、どうにかして転職したのに、悲しいことに以前の会社での年収とあまりイコールで変わりませんでした。おまけに、仕事内容もきつく、とても責任を伴い1年目をクリアするのにひどく厳しかったです。
看護師の転職活動

看護師|経験したことがない業種などに転業するときには、自分が前の会・・

未経験の業界などに職を変えようとするときには、自分の以前の仕事で養われた能力やこれまで経験したことが生かせるという内容の訴えが必要です。そのジャンルに勤務したことがない人はその分だけその業種で勤務したことがある方よりも事実、不利になりますけど、自らが保持しているスキルがその業種でも十分に生きるということをしっかりと相手に話せれば、戦えることも十分にあります。
看護師の転職活動

生涯初の失業保険を受けるケースでは、じっとしていれば給付されると考えている人が…

生まれて初めて失業保険をもらう場合、何もしなくてももらえると思っている人がたいへん多いですが、それは正しくありません。実際には、失業保険をきちんともらうためには、「就職活動」をしていないと駄目で、その上、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月間隔で職員に就職活動の状況をきちんと説明して真摯に就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。
看護師の転職活動

就労期間中は、なるべく水面下で(自身の経験談ですが・・

雇用期間中なら、極力周りの人間に気づかれないように、(自身の場合)雇用期間中に「転社するかも」という考えを早期に同僚に仄めかしたことがあります。けれども、その後に求人を必死に見て回ったものの、悲しいことに転職先のあても、タイミングさえも計画も立てずに進めていたので、やみくもに時間がムダになるだけでした。挙句の果てには一方、当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況になってしまいました。
看護師の転職活動

看護師|職を変えた場合には、高い確率で以前の仕事でのたいていは美化された記憶となります。

転職した際には、だいたいの場合は前の会社の仕事での出来事は美化されます。実のところ現在の仕事に向いていないと感じたから、前向きな思いでせっかく退職を決め、再就職を決意したはずなのに、気付けばなぜかわからないけれど転職した会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と感じます。
看護師の転職活動

かつては求人誌に性別がもれなく明記されていました。

前の求人情報には、募集条件の中に「性別」まで、明記されていました。ですが現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女差別が採用時にしてはいけない事が決まり、募集要項内に「性別」の表記ができなくなりました。そんな風に時代が変化したものの、募集情報を出す企業側は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。
看護師の転職活動

看護師|派遣先の会社が決定しました。勤務の初日に派遣会社の営業の担当者と…

派遣で働く会社が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社の営業担当の人と就業場所付近のコンビニエンスストアで落ち合う約束をしていたのですが、彼がどういうわけか約束したお店の前にいないので中にいるのかもしれないと思ってコンビニの中に入ってみると、担当者は雑誌売り場の前でしゃがみ込んで成人雑誌のグラビアページを開いて閲覧しているのを発見しました。
看護師の転職活動

転職の面接を受ける時につけていく腕時計のことなのですが…

再就職の面接のときに着用していく腕時計ですが、ビジネスの場らしからぬ派手な腕時計の着用は避けたほうが良いです。この場合の目立つ腕時計と言うのは見るからに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではないのです。逆にチープな腕時計に見えるとか、そういった真反対なことで目を惹く、ということで覚えておいてください。